top of page

​DXを科学する

システム仕様とシステム開発プロセスの構造を世界で初めて科学的に解明

経験と勘に頼る
プロジェクト管理
​はもう古い

現在は、江戸時代の建築工学を用いない経験と勘による建造物建築を行っているのと同じ状態です。

江戸城は建てられても、町中がビルになることはありません。

弊社の科学的アプローチは、システム仕様だけでなく、システム開発プロセスやリスクの最小化方式を数理化することに成功したイノベーションです。

​このような科学的アプローチにより企業のDXは飛躍的に進むだけでなく、コストは最適化、アジリティも大幅に向上します。それでなく、このアプローチはプログラミングスキルなどの専門スキルを必要としないため、社員のDX寄与度が向上して人財育成にも寄与します。

業務改善リコメンド
​サービス

現行システムの問題点を科学的に抽出して業務改善点を網羅的に洗い出す

​高額なコンサルタントに依存する体質を脱却し、内製化に舵を切ることも可能

科学的開発プロセスの整備

経験と勘に頼り、高額なコンサルタントに依存する体質から脱却するには、DXが進まない現状を打破するには、ツールだけでなく開発プロセスも科学的アプローチにすることでより大きな成果を生み出すことが出来るようになります。

弊社は企画・開発プロセスの原理原則を示す価値ベースデザインと、非機能要件やシステム障害防止を科学的に行うリスク収束フレームワークの2つのフレームワークを持ち、これにより科学的な企画・開発プロセスの実現を支援します。

業務・システム・データの可視化サービス

複雑性の高い既存システム分析を特許申請技術とAIを組み合わせて、安価・高品質・わかりやすいの3拍子を実現

これまで経験と勘で進められてきたシステム開発やインフラ構築プロジェクト。LEXARは、このプロジェクトを進めるプロセスやシステム仕様な構造像を科学的に解明し、理論化した世界で初めてのイノベーターです。

大規模な業務システムの刷新には、主にアプリケーション開発(業務刷新を含む)とインフラストラクチャの刷新があります。これら二つのマネジメントプロセスは、基本概念は共通していますが、具体的なプロセスは大きく異なります。

アプリケーション開発では、現在のシステム仕様を詳細に理解することがプロジェクトの前提となります。これは「2025年の崖」やIPAの公開文書にも明記されており、議論の余地がないことです。弊社では、このシステム仕様を科学的に解析し、プロジェクトを科学的に遂行することが可能です。システム仕様を科学的に定義することで、プロジェクトの工程も自然と科学的なもの近づきます。

一方、インフラストラクチャの刷新においては、価値を重視した工程定義が重要です。非機能要件という用語がありますが、この言葉は現在のマネジメントプロセスが科学的に解明されていないことを示しています。「非機能」とは何でしょうか? 単に「機能以外」という説明は、その性質を正確には表していません。

弊社ではシステムというものの性質を自然科学的に捉えて、その性質と性質の関係性を解明してきました。

このような科学的なアプローチがあれば、業務・アプリ・インフラ刷新プロジェクトは統合的に同じ基準で管理され、その仕様も業務・システム・データという形で統合的に管理され可視化され、改善しやすく変化しやすいものになっていきます。

数字で見る LEXAR

8

​支援年数

1K億

​支援したプロジェクト規模合計

22

​PMI支援国数

14M

平均支援期間

DXが思うように進まない?
​それは非科学的だからです

これまでのIT化やDXは、経験と勘に頼って進められてきたことが、江戸時代の建築形態に似ています。その証拠として、20年前と同じ失敗を過去10年間にわたって繰り返しているのです。科学的なアプローチを取らない場合、同じ失敗を繰り返すことになります。科学的アプローチを採用すれば、うまくいかないことがあっても知見を積み上げることができます。良い例はトヨタのKAIZENです。KAIZENは経験と勘に頼らないからこそ、少しずつ積み上げることができ、これが大きなイノベーションにつながります。

古く属人的な世界から脱却したいと考えている方は、ぜひお話を聞いてみてください。

bottom of page